占有

男性だけにある前立腺という生殖器は働きや成長にアンドロゲン、すなわち男性ホルモンが非常に大きく関係し、前立腺のがんも同様に、アンドロゲン(男性ホルモン、雄性ホルモン)の作用を受けて大きく成長します。
「体脂肪率(body fat percentage)」とは、人の体の中の脂肪が占有している割合で、「体脂肪率(percent of body fat、%)=体脂肪の量(kg)÷体重(body weight、キロ)×100」という計算式によって算出することができます。
通常は水虫といえばまず足を想像し、中でも足の裏や指の間に現れやすい病気だという認識が広まっていますが、原因菌である白癬菌が感染する部位は決して足だけではなく、体のありとあらゆる部位にうつってしまうという可能性があるので注意してください。
折り目正しい穏やかな生活の継続、腹八分目を志すこと、自分に合ったスポーツ等、アナログとも思える自分の身体への取り組みが皮膚の老化防止にも関係するということです。
杉花粉が飛散する季節に、小さなお子さんが体温はいつも通りなのに頻繁にくしゃみしたりサラサラした鼻みずが止む気配をみせない状態なら、杉花粉症の可能性が高いといえます。
ダイエットを成功させたいばかりに1日の総カロリーを抑える、十分食事を食べない、そんな食生活がひいては栄養までもを不足させ、慢性の酷い冷え性を招いていることは、多くの医療従事者が危惧されていることです。
杉花粉症などの症状(水っぱな、鼻づまり、くしゃみ等)のために夜しっかり睡眠を取れないと、それが因子になって慢性的な睡眠不足になり、翌日起きてからの業務内容に思わしくない影響を与えることも考えられます。
ふと気が付くと肘をついて横向きになったままTVを見つめていたり、頬に頬杖をついたり、かかとの高い靴を毎日のように履いたりといった習慣は身体の均衡を悪化させる大きな誘因になります。
虚血性心疾患の心筋梗塞というものは心臓の周りを走る冠動脈の動脈硬化により血液の通り道である血管の内腔が狭まり、血流が途絶え、大事な酸素や栄養を心筋まで配達できず、筋細胞そのものが壊死する大変重い病気です。
ポリフェノール最大の働きはL-アスコルビン酸(ビタミンC)や脂溶性のトコフェロール(ビタミンE)性質が異なっており、細胞間の水溶性の部分、脂溶性部分、加えて細胞膜でも酸化を予防する効果を持っています。
環状紅斑(かんじょうこうはん)というのは環状、すなわちまるい形をした紅っぽい発疹・湿疹や鱗屑(りんせつ)など、皮ふの病気の総合的な名前で、因子は実に多種多彩なのです。
吐血と喀血は両方とも血を吐くことですが、喀血とはのどから肺を繋いでいる気道(きどう、呼吸器の一種)から出血する症状で、吐血の方は無腸間膜小腸よりも上の消化管から血が出ることを表しているのです。
下腹の強い痛みを起こす主な病には、虫垂炎と混同しやすい大腸憩室症、5mm〜10mm大の石ができる尿路結石症、大腸粘膜に潰瘍やびらんができる潰瘍性大腸炎、様々な疾患の合併症として露見する急性腹膜炎、女性特有の病気などが真っ先に聞かれるようです。
エイズ(AIDS)とはHIV(ヒト免疫不全ウイルス)の感染が原因となって罹患するウイルス感染症の病名で、免疫不全を招いて些細な細菌などによる日和見感染や悪性新生物等を発症してしまう症候群のことを指し示しています。
胸痛や胸部圧迫感を主訴とする狭心症の外科的な施術としてはほとんどの病院で「大動脈内バルーンパンピング」もしくはグラフトを用いる「冠動脈バイパス手術」の双方の技術がしきりに活用されています。