冷や汗

500以上もの働きを持つ肝臓に脂質やコレステロールが蓄積した状態の脂肪肝(しぼうかん、steatosis hepatis)は、肝硬変や脳梗塞などの色々な疾患の合併症の元凶となる可能性があります。
骨を折って大量に出血してしまった状態では、血圧が降下して目の前が暗くなるようなめまいやふらつき、冷や汗、吐き気、座っていても起こる意識喪失などの不快な脳貧血の症状が誘引される場合もあります。
万が一血液検査でやはり卵胞ホルモンなどの分泌量が基準値を下回っていて早期閉経と分かった場合、足りていない女性ホルモンを足す医術で治せます。
ハーバード大学医学部(HMS)の研究結果によれば、普通のコーヒーと比較して1日2カップよりも多くデカフェのコーヒーを飲めば、あの直腸がんの発生リスクを約52%減少させることができたそうだ。
紫外線を浴びると生成されるV.D.は、Caが体に吸収されるのを支える特質が知られていて、血液の中のカルシウムの濃度を調節し、筋繊維の動きを適切に操作したり、骨を作り出します。
季節性インフルエンザワクチン(seasonal influenza vaccine)では、これまでの膨大な研究の成果から、予防の効用を見込めるのは、ワクチン接種を受けたおよそ2週間後からおよそ150日程度だろうということが明らかになりました。
音楽会の場内やダンスを踊るためのフロアなどに設けられている特大スピーカーの正面で爆音を浴びて難聴になる症状を「音響外傷」と言うのです。
普通なら骨折はしない程度のごく僅かな圧力でも、骨の一定のエリアだけに幾度も繰り返し次から次へと力が加わってしまうことにより、骨折することがあるので気を付けなければいけません。
耳鼻科で診てもらえる花粉症とは、杉やヒノキ、マツ、ブタクサなどの虫によって媒介されない花粉が原因となり、くしゃみ・皮膚のかゆみ・喉の痛み・鼻詰まり・鼻水などの多様なアレルギー症状を呈する病気だということは、今や常識となりました。
気分障害のうつ病は脳の中で分泌される神経伝達物質のセロトニンが足りず、不眠、憂うつ、なかなか抜けない疲労感、食欲不振、体重の減少、焦り、極端な意欲の低下、そして重症化すると自殺企図など様々な症状が見られるのです。
トコトリエノールの働きとしては酸化を防ぐ効果が一段と認知されてはいますが、この他に肌をきれいに保つ作用や、血清コレステロールの生産を抑えたりすることが確認されています。
天然の化学物質、フィトケミカル(phytochemical)の仲間であるスルフォラファン(sulforaphane)というブロッコリースプラウトに含まれる化学物質について、肝臓の持っている解毒酵素の機能的な創造活動を促しているかもしれないという新たな真実がわかりました。
男性にしかない前立腺はその活動や成長にアンドロゲン(雄性ホルモン)がとても深く関連しており、前立腺に発現したがんも同じく、アンドロゲン(男性ホルモン、雄性ホルモン)の機能によって肥大化してしまいます。
期外収縮(きがいしゅうしゅく)は、健康な場合でも現れることがあるためさほど逼迫した健康障害ではありませんが、発作が数回に渡って繰り返して起こる時は危ないのです。
学校等大規模な集団行動をしている中で、花粉症が主因で他のみんなと等しく思いきり行動できないのは、本人にとって悔しいことです。