予防

植物に存在する化学物質、フィトケミカルの一つであるイソチオシアネート類のスルフォラファン(sulforaphane)という揮発性の物質が、肝臓が分泌している解毒酵素そのものの生産活動を促進しているのではないかという事実が明らかになりました。
流行性感冒、即ちインフルエンザに適応している予防術や治療方針といった基本の措置は、それが例え季節性のインフルエンザであっても未知なる新型インフルエンザでもほとんど変わりません。
結核菌(Mycobacterium tuberculosis)は、感染した人が「咳」をすることによって室内や外気に放り出され、空気中でふわふわ飛んでいるのを今度は違う人が呼吸の際に吸い込むことによって感染していくのです。
男性だけにある前立腺はその成長や活動にアンドロゲンがとても密に関係し、前立腺のがんも同様、アンドロゲン、即ち雄性ホルモンの作用で大きく成長してしまいます。
亜鉛は、遺伝情報(DNA、Deoxyribo Nucleic Acid)やタンパク質を合成させるために作用する特別な酵素や、細胞・組織などの代謝に深く関係する酵素など、200種類以上もある酵素を構築する要素として絶対に外せないミネラルだといわれています。
体脂肪量(somatic fat volume)にさして変動がなく、体重が食物・飲料の摂取や排尿等により短時間で増減するような場合、体重が増えた人は体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat)は下がり、体重が減ったら体脂肪率が上がることがわかっています。
体重過多に陥っている肥満というのは前提として食生活の習慣や栄養バランス、運動不足などが主因ですが、同じボリュームのごはんであったとしても、慌てて食べ終わる早食いを続けていれば体重過多に陥っている肥満(obesity)を招く結果になります。
ストレスがかかり、溜まってしまうメカニズムや、手軽なストレスケア方法など、ストレスに関して詳細な知識を勉強している人は、現時点ではまだ少ないようです。
最も大きな臓器である肝臓に脂肪(脂質)やコレステロールが多く溜まった脂肪肝(しぼうかん、fatty liver)は、肝硬変や糖尿病等々非常に多くの病気をもたらす可能性が高いと考えられています。
自転車事故や山での滑落など、著しく大きな負荷が体にかかった場合は、複数の箇所に骨折が発生したり、骨が外部に突出する開放骨折となったり、更には内臓が負傷してしまうこともあり得ます。
エイズ(AIDS)とはヒト免疫不全ウイルス(HIV)の感染によって生じるウイルス感染症の病名であって、免疫不全を招いて健康体では感染しにくい日和見感染や癌などを発症してしまう症候群のことを指し示しています。
ダイエット目的でカロリーを抑える、あまり食べない、こんな暮らしがひいては栄養をも不足させ、深刻な慢性の冷え性を誘引する事は、頻繁に言われているのです。
よく耳にする心筋梗塞とは心臓の周囲を走る冠動脈の動脈硬化により血管の中の空間が狭まってしまい、血液の流れが停止し、大事な酸素や栄養が心筋まで配達されず、筋線維そのものが死ぬという怖い病気です。
悪性腫瘍である女性の卵巣がんは、元来、人をがんにさせない役目を果たす物質を生み出すための型である遺伝子の不具合によって罹患してしまうと言われています。
結核対策は、長年、1951年に施行された「結核予防法」に準ずる形で推奨されてきましたが、56年後の平成19年から他の数多ある感染症と同じく「感染症法」という名称の法律に沿って遂行されることに決まったのです。