体重

演奏会やライブなどの開催される会場やダンス広場などに置かれた巨大なスピーカーのすぐ脇で大きな音を聞いて耳が遠くなることを「音響外傷(おんきょうがいしょう)」と言います。
体脂肪の量はさして変動がなく、体重だけが飲食や排尿などにより一時的に増減する時は、体重が増加したら体脂肪率(body fat percentage)は下がり、体重が減少した人は体脂肪率が高まります。
毎日のように肘をついて横向きになったままテレビを視聴していたり、片方の頬に頬杖をついたり、ヒールの高い靴等をよく履くといった習慣的なことは体の均衡が乱れる原因となります。
一見すると「ストレス」というものは、「無くすもの」「排除すべきもの」と考えがちですが、実際は、私たちヒトは様々な種類のストレスを感知しているからこそ、活動していくことができています。
暴飲暴食、肥満、消費カロリーの低下、不規則な生活、精神的・肉体的なストレス、老化というような複数の原因が絡むと、インスリン分泌が鈍化したり、機能が低下したりして生活習慣病に属する2型糖尿病に罹患します。
ピリドキサミンは、あのアミノ酸(Amino acid)をクレブス回路と呼ばれているエネルギーを活用するために欠かせない回路へ取り込ませるために再度分解させるのを補助する機能もあるのです。
外から眺めただけでは折ったのかどうか自信がない場合は、違和感の残る部分の骨を少しだけ触ってみてください。もしその部分に強烈な痛みを感じたら骨折かもしれないので、すぐ整形外科を受診しましょう。
いんきんたむしとは、医学上では股部白癬(こぶはくせん)と言われており、カビの一種の白癬菌が股間や陰嚢(いんのう)、尻などの部位に感染してしまい、寄生する感染症であり即ち水虫のことなのです。
今、若い世代で感染症である結核に対抗する抵抗力、即ち免疫力の無い人たちが増加したことや、早合点のせいで診断が遅れることが主因のアウトブレイクや院内感染の発生頻度が高くなっているようです。
常識的には骨折は起こさない程度の弱い力でも、骨の決まったエリアに幾度もいつまでもかかってしまうことで、骨折が生じてしまうこともあります。
収縮期血圧140以上の高血圧になってしまうと、全身の血管に強い負荷がかかった挙句、身体中のいろんな血管に障害が発生して、合併症を発症するパーセンテージが高まります。
バイキンやウィルスなど病気を生む病原微生物が口から肺へ進入し発症してしまい、片方もしくは左右両方の肺が炎症反応を露呈していることを「肺炎」と総称しているのです。
鍼灸用のはりを気になる所に刺す、という物理的な程よい何か所もの刺激は、神経細胞を活性させて、神経インパルスと言われている要するに電気信号伝達を発起させると考えられているようです。
ただの捻挫と決め込んで、包帯やテーピングテープで一応患部を固定し、様子をうかがうのではなく、応急処置を終えたら少しでも早く整形外科の医師に診てもらうことが、早く快癒させる近道となるのです。
急性中耳炎(Acute otitis media)は、最も症例の多い中耳炎で小さな子どもによく発症します。強い耳痛や38度以上の熱、真っ赤な鼓膜の腫れ、耳漏(じろう)などの様々な症状が出るのです。